従業員、取締役の地位について

企業買収と企業防衛マニュアル

第1章

企業買収と企業防衛序論

集合写真
第4

会社の支配

従業員、取締役の地位について

会社を構成する他の重要な関係者としては従業員がいます。会社法では、「社員」は株主などの出資者のことを意味しますので、「従業員」とは、単に会社で働く者のことをさします。すなわち、従業員は、個別に会社と雇用契約を締結して業務に従事する者として位置づけられますが、会社の経営に関して事実上の影響力があるかどうかはまた別の問題といえるでしょう。
また、取締役といえども、会社と委任関係に立つ者にすぎません。会社と個別に契約を締結している者であるという点では取締役も従業員と異なりません。取締役は株主総会から支持されているという関係が築かれているため、会社の経営に関与することができるのです。
取締役も従業員も、会社の倒産によって投資資金が泡と消えてしまうという最終的なリスクを負担していない点が、株主との大きな違いです。

目次