交通事故

交通事故

事例1 双方の過失割合が問題となったケース(1)

事故態様

依頼者が交差点で右折しようとしたところ、後続の相手方車が追い越しをしようとして衝突

事故状況

  • 交差点は追越し禁止ではない。
  • 視界は良好だが、路面は滑りやすい状況。

過失に関わる事情

戦略

(1)証拠の見極め

本件の事故に関する刑事手続の資料等を確認し、客観的な事故状況を確認すると共に、相手方が立証できる過失に関わる事情をしっかりと把握する。

(2)要点を突いた弾劾

客観的な証拠の無い部分についての相手方の主張に対し、特に重要な部分について、客観的な根拠に基づいた効果的な反論を行う。

(3)裁判所和解案の検討

(1)、(2)を前提に、裁判所の和解案と予想される判決を 検討し、最善の解決方法を選択する。

結果

相手方は、様々な事情を主張して、こちらの過失を増やそうとしてきましたが、細かい注意義務を除けば相手方の主張はほとんど認められませんでした。

また、緻密な検討の上で、裁判所和解案を拒否し、判決を求めた結果、当初の見込みどおりの損害賠償額を得ることができました。 

解決実績