当事務所のM&A業務の取り組みの特色

M&Aマニュアル

5

当事務所のM&A業務の取り組みの特色

集合写真
(1)

朝日中央グループは、法律、税務、財務のトータルファームです。

M&A業務では、業務のあらゆる段階において法律、税務、財務の各方面の専門家による綜合的対応が非常に重要です。当事務所はトータルファームとしての組織特色を活かして、総合的な対応を行っています。
弁護士
法律の専門家として、M&Aのスキームに関する実行可能性や株主、従業員あるいは取引先等に対する対応の検討、リーガルデューディリジェンス、契約内容の検討などを行います。
公認会計士・税理士
財務・税務の専門家として、M&Aのスキームに関する財務・税務面からの検討、企業価値評価に関する検討、デューディリジェンス、M&Aに伴う税務申告、手続き等を行います。
以上の業務を、規模の小さいM&Aから、大規模M&Aまで、綜合的、組織的に提供しております。
(2)

さまざまな、法律税務のニーズに対応する、M&Aを行っています。

例えば、会社支配権、民事再生、会社分割、相続税軽減対策、相続税納税対策、所得税軽減対策、事業承継対策など、クライアントが持つ税務、法律の問題の解決手法としてM&Aを活用します。このため、M&A案件の種類が多いことが特徴としてあげられます。
(3)

クライアントの問題を分析し、その解決手法を「報告書」ということで提案し、実行を受任しています。

「報告書」は、中立的な立場で、法律、税務、財務の最先端の専門知識を駆使して、クライアントの利益が最大限になるよう検討のうえ作成いたします。
(4)

クライアントの総合的な問題解決を目指しています。

クライアントの総合的な問題解決を目指しているため、売却後、購入後の効果の検証、次の対策の提案等、M&Aだけで終わらないサービス提供をしています。