事業転換の意義

事業転換マニュアル

第1

事業転換の意義と分類

集合写真

事業転換の意義

現在の時代は、 大きな変革が生じている時代です。 対外的にはグローバル基準による経営が求められており、 そのためには、 経営効率の向上によるコストダウン、 低収益部門の整理、 高収益部門への注力、 遊休資産等の処分による企業体質強化を図る必要があります。
また、 情報化社会の出現により、 全世界規模での情報収集と、 それに基づく重大かつ迅速な経営判断が求められています。
このような大きな変化の時代には、 過去から踏襲した旧来の経営判断は、 意味を持たなくなり、 新たな価値観に基づく経営判断が求められています。 さらに、 このような大きな変化の時代には、 これまでの業種、 業態がミスマッチになってゆく傾向があり、 絶えず時代の変化に合わせて、 新しい時代にマッチした経営を目指し、 自己の会社の所有する経営資源を再構築してゆくことが大切です。 経営資源としては、 具体的には所有流動資産、 所有不動産、 従業員、 取引先、 取引金融機関、 ブランド力などがそれにあたります。
これらの経営資源を再構築することが事業転換であり、 この再構築により会社の発展、 生き残りを図ってゆくことが大切で、 しかも、 会社の体力が十分にあるうちに、 できるだけ早く事業転換を進めることが成功の条件の一つです。