問題解決の手法

不動産有効活用マニュアル

第3

昔からの貸地をご所有のケース

集合写真

問題解決の手法

(1)

地代の増額

地代増額請求を定期的に行い、土地の価値に対し適正な利回りとなるよう、地代水準を近づけることが必要です。地代増額を定期的に行っていると、明渡しや売却の機会が増大し、抜本的な有効活用につながります。
(2)

貸地の明渡し

貸地の所有者が期間満了による更新拒絶をする場合に、不動産の有効活用など合理的な理由(正当事由)の法律構成と明渡料の見積りを行ったうえで、貸地の明渡交渉・明渡裁判を行うことは、法律的に正しい手続さえ踏んでいけば極めて現実的なものとなっています。
(3)

貸地の明渡しと有効活用

貸地の明渡しをすることにより、一時的に明渡料の負担が生じますが、その後十分吟味された有効活用を行うことにより、収益を飛躍的に改善することが可能となりますので、さらにこれにより相続税軽減効果も大きく発生します。
したがって、貸地の明渡し及びその後の有効活用をすることにより、資産家の方々の悩みの根本的な部分を解決することができます。
(4)

貸地の売却と買換え

古くからの貸地は、極めて低収益です。したがって、これを売却して、安定高収益の賃貸物件に買換えをすることにより、収益の飛躍的な向上、相続税の軽減等の効果を生じさせることができます。