バリューアップの目的

不動産投資・運用マニュアル

第2

不動産のバリューアップ

集合写真

バリューアップの目的

不動産投資後、取得した不動産について、バリューアップを行なっていきます。
不動産のバリューアップとは、不動産の収益価値を高めること、すなわち、不動産の収益還元価格を上げることをいいます。
バリューアップの目的は、下記の2点です。
(1)

投資効率を向上させる

不動産投資時よりもネット収入を増加させることにより、投資効率を高めます。ネット収入の増加により、投下資本の回収も早期に行なうことが可能となります。
(2)

売却を有利にする

買主は、当初の購入意向を表明するにあたり、収益還元法により購入希望価格を計算しますので、ネット収入を増加させることにより、購入希望価格を高めることができます。また、適正なバリューアップを行なうことによって、買主が最終的な投資判断を行なうために実施するデューデリジェンスでの評価が高まり、売却価格を高めることが可能となります。