ご相談受付

貸地・貸家・明け渡し

貸地・貸家・明け渡し

事例3 農地賃貸借契約の解約に基づき土地の明渡しを求めた事案

事例3 農地賃貸借契約の解約に基づき土地の明渡しを求めた事案のアイキャッチ画像

相談内容

X(相談者)は、Y(相手方)に対し、所有する土地を農地として(以下「本件農地」という。)賃貸していた。

農地の賃貸借契約を解約するためには、知事の許可が必要であったため(農地法18条1項)、Xは、本件農地の賃貸借契約の解約許可を県に申し入れ、600万円の離作補償料を支払うことを条件に許可が下りた。しかし、Yが本件農地の明渡しを拒絶したため、Xは、Yに対し、本件農地の明渡しを求め、訴訟を提起した。

他方、Yが、解約許可処分の取消しを求める行政訴訟を提起したことから、Xが補助参加をし、両事件は併合された。

争点

  • (1)離作補償料の算定基準及び額
  • (2)解約許可処分の有効性

結果

判決では、Yの解約許可処分取消請求は棄却され、XのYに対する本件農地の明渡し請求は認容された。

離作補償料の算定基準については、
(1)農地の更地価格及び耕作権割合により算定すべきか、
(2)農業収益を基準として算定すべきか
が争点となったが、裁判所は、(2)の算定方法を採用した上で、県が算定した600万円という離作補償料の金額は相当である旨の判断がなされた。

解決実績