ご相談受付

非上場株式の売却・評価

事例3 反対株主からの買取請求の場合における株式価格決定事案

事例3 反対株主からの買取請求の場合における株式価格決定事案のアイキャッチ画像

相談内容

依頼者が代表取締役を務めていた会社が、事業の一部を他の会社に譲渡しようとしましたが、依頼者の方はそのことに反対していました。しかしながら、他の株主は事業の譲渡に賛成しており、可決される見込みであったので、事業の譲渡に反対したうえで、依頼者の方の有していた株式を、会社に対して適正な価格で買い取るよう求めました。

結果

会社の純資産を基にした株式評価方法、会社の収益価値に依拠した株式評価方法(収益還元法、DCF法)など、複数の評価方法を検討したうえで、高額の費用を負担して公的鑑定を行った場合、どのような鑑定結果が出されるかのシミュレーションを行いました。

そのうえで、公的鑑定を実施する前に裁判所から提案された1株当たりの評価額が、予想される鑑定評価額の平均額を上回るものであったため、依頼者の方とご相談のうえで、鑑定の結果、予想外に低額な評価額の意見が出されるリスクを回避するために、裁判所の提案を受け入れ、株式を売り渡すことにしました。概ね依頼者の方の希望通りの価格での売却となり、大変ご満足いただけました。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

解決実績

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト