交通事故

交通事故

事例2 双方の過失割合が問題となったケース(2)

事故態様

依頼者が交差点を直進していたところ、相手方車がUターンをしたため衝突

事故状況

  • 視認性にも問題がなく一般的な交差点。
  • Uターンは禁止されていない。

過失に関わる事情

戦略

事故鑑定書の活用
速度違反の立証につき、鑑定士との綿密な打合せを行った上で、詳細な事故鑑定書を作成させる。タイヤ幅と道路跡等による客観的な速度算定を行い、わかりやすく主張することで、裁判官を説得する。

結果

専門家の客観的な鑑定によることで、裁判官の心証を大きくこちら側に傾け、訴訟の主導権を握ることができました。最終的には 、依頼者と打合せの上、早期の被害回復を図るべく、和解に応じることとしました。

解決実績