事業承継の全体

事業承継マニュアル

第1章

事業承継の全体

集合写真

事業承継の全体

事業承継とは、会社オーナーである現経営者から、後継者への事業の引き継ぎを意味します。事業の引き継ぎには、経営者の地位の引き継ぎと事業財産の引き継ぎという二つの 側面があり、前者を「事業経営の承継」ということができ、後者を「事業財産の承継」とい うことができます。
前者の事業経営の承継に成功するためには、後継者に経営者としての資質と実力を具備 させるための方策と、会社の代表者としての地位を得るための前提として、株主総会での 会社支配のために必要な議決権割合の維持・確保のための方策とを検討し実行することが 必須です。これらについて、第2章事業経営の承継で詳述いたします。
次に、事業財産の承継に成功するための方策を第3章から第7章までで詳述いたします 。第3章では、事業財産のうちの最も主要な財産である自社株について、後継者に承継さ せるためのいくつかの態様について、法律上の効果や留意点等を記述いたします。
第4章では、自社株の承継にかかる税金に焦点を当て、承継の態様毎の課税の方法、課 税対象となる自社株の評価の定め、及び納税の定めについて記述いたします。
第5章では、自社株承継における節税対策の概要と具体的事例を記述いたします。
第6章、第7章では、事業承継の「事業経営の承継」と「事業財産の承継」のどちらにもド ラスティックな効果と影響を及ぼす、株式公開とM&Aを取り上げ、事業承継における活 用方法を記述いたします。

目次