株式の購入

企業買収と企業防衛マニュアル

第1章

企業買収と企業防衛序論

集合写真
第2

買収、防衛に関係する一般的行為

株式の購入

買収者は、対象会社の株式を大量に購入することによって、その会社の支配を企てることができます。買収者は、対象会社からではなく、対象会社の株主から株式を購入しますから、対象会社には自社の株式の買占めが進んでいることを知る機会がなく、ある日突然強大な買収者が登場してトラブルになるという、敵対的買収の典型的な事例が想定されます。
株の買占めについては、金融商品取引法が、買い占める側に対し、買い占めた株式のパーセンテージなど一定の事項の開示を求めたり、一定の類型の株式取得に関して公開買付けの方法によることを義務づけています。

目次