買収手段と防衛手段の関係

企業買収と企業防衛マニュアル

第3章

友好的買収

集合写真
第1

友好的買収の意味

買収手段と防衛手段の関係

注意すべきことは、以下に述べる合併とか、株式交換とか、募集株式の発行などの手段は、他社を買収する時に使われる手段であると同時に、使い方によっては、敵対的買収の対象にされた会社が自己を防衛するために使える手段でもあるということです(買収、防衛皮膜論 第1章第3参照)。攻めと守りの両用の使い方があるけれども、ここでは買収の手段としての利用法を述べて行きます。
敵対的買収の場合には、買収に遭遇した経営者は企業の防衛策を考えますが、友好的買収の場合には、買収者が買収行為に走ることについて既に経営者が同意していますから、特に経営者が防衛するということを考える余地がなくなります。防衛に近い行為としては、少数株主の抵抗があります。

目次